小規模事業の経理サポート、個人事業主からの法人成り、自分でできる経理マニュアル作成、クラウド会計

新宿区神楽坂の女性税理士です。経理サポートで小規模事業の活性化を目指します!

ゆるふわ経理部入会受付中 初月トライアル2000円

もっと知りたい!iDeCoのこと!今必要なのは、1円でも多くの所得控除ではないですか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
うば としこ
新宿神楽坂の女性税理士うばとしこです。
税理士としてはまだまだ若手です。
お笑い大好き、やんちゃでマイウェイをゆく息子ととそれよりもっとやんちゃで気が強い娘がいます。夫はどこにいても聞こえるほど声が大きい人です。
神楽坂、飯田橋、お台場、豊洲近辺によく出没します。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!税理士のうばとしこです!

 

さて、iDeCoについては、昨年、ほんのさわりだけ、その特徴について記事にしました。

.       →個人型確定拠出年金(iDeCo)でかしこく節税↗️

 

今年に入って、iDeCoに入らなきゃ!と焦っている方、たくさんいらっしゃると思います!

 

でも、まだよくわからないし、調べる時間もなくて・・・。と後回しにしていませんか?

 

 

けれども、早い時期に加入するばするほど効果が高いのがiDeCo。

60歳に到達するまでに加入期間が10年以上ないと、60歳から年金をもらうことができず、年数によって先延ばしとなります。

 

それに、何と言っても所得控除を受けられるうちに目一杯受けておかなきゃ損ですよね!

 

実際にいくら節税になるのか?

例えば、こんな感じです。

***************************

40歳

控除対象配偶者なし(共働き)

扶養対象の子供なし(3歳と0歳)

.     ★加入資格と掛金の上限額はこちらで診断してみてください。

***************************

というケースの場合。(掛金の上限金額は個々の状況により異なります)

 

・課税所得300万円の場合

iDeCo掛金/月 年間節税額 60歳までの節税額
15,000円 36,400円 691,600円
30,000円 72,800円 1,383,200円
50,000円 121,300円 2,304,700円

 

・課税所得500万円の場合

iDeCo掛金/月 年間節税額 60歳までの節税額
15,000円 54,800円 1,041,200円
30,000円 109,500円 2,080,500円
50,000円 182,500円 3,467,500円

 

・課税所得800万円の場合

iDeCo掛金/月 年間節税額 60歳までの節税額
15,000円 60,200円 1,143,800円
30,000円 120,500円 2,289,500円
50,000円 200,900円 3,817,100円

 

保険料控除とか、比較にならない額です!

こんなに大きな額の所得控除を新たに生み出す方法はなかなかありません。

 

.      今からでもぜひ!→84万円の所得控除↗️

.      定番ですが→医療費控除、してますか?↗️

 

加入時の注意事項

全額が所得控除、運用益は非課税、など、メリットはたくさん。

.   詳しくはこちら→個人型確定拠出年金(iDeCo)でかしこく節税↗️

 

けれども、注意事項もたくさん、あります。

加入にはじっくり検討することが大事です!

 

1.選ぶ金融機関は、一つだけ。途中で変更可能だが、変更時に運用空白期間ができてしまう

2.掛金の変更は年に一度しかできない

3.特別な事情がない限り60歳になるまで引き出せない

4.運用リスクを負うのは加入者本人

5.管理コストがかかる

6.掛金の引き落としができなかった場合には後から納付できない

7.加入者本人の所得控除としてしか使えない

 

 

管理コストは金融機関によって様々

必ずしも手数料が安ければいい、というわけではありません。

運用リスクや商品の内容を吟味して、これが最適だと思える商品に

めぐりあいたいですね!

けれども、まずは手数料を比較したい!という場合、
こんな比較をしてくれているサイトもあります。(随時更新されています。)

 

こんな手順でiDeCoデビューしようと思います

私の場合、こんな手順で商品を探してみようと思っています。

1.手数料が安く、安心できる金融機関を5社選ぶ

2.それぞれの窓口に行って相談

3.無理のない掛金がいくらなのか、月々の家計簿を参考に決める

4.加入する

 

 

定期的な見直しが大事!!!

どんな人でも、これから先の将来、

どんな風に自分の所得状況が変わっていくかわかりません。

 

ですから、一年に一度、見直しをする。

掛金の変更は4月〜3月の間に一度だけ、できますから

確定申告が終わった後に検討し、4月に変更する、というような

定例行事として考えておくのがいいと思います。

 

マメな見直しがポイントだと思います!

 

 

★参考記事→もう、社会保険料控除で迷わない!↗️

 

では、また!

 

 

 

 

 

 

.

 

★無料★簿記や会計の知識がなくても節税対策ができるメール講座をはじめました。

わかりやすい言葉で
簡潔に説明しています!

「はやく対策すれば良かった...」
とならないために
節税対策メール講座をはじめませんか?

効果的に節税対策を行うための
たったひとつのポイントについても
動画でお話ししています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
うば としこ
新宿神楽坂の女性税理士うばとしこです。
税理士としてはまだまだ若手です。
お笑い大好き、やんちゃでマイウェイをゆく息子ととそれよりもっとやんちゃで気が強い娘がいます。夫はどこにいても聞こえるほど声が大きい人です。
神楽坂、飯田橋、お台場、豊洲近辺によく出没します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 税理士 うば としこのBlog , 2017 All Rights Reserved.