ビジョン構築、キャッシュフローコンサルティング、経営コーチング

新宿区神楽坂の女性税理士です。夢をかなえるキャッシュフローパートナー

ゆるふわ経理部入会受付中 詳しくはコチラ

企業実務11月号掲載記事 消費税の表示方式について考える

 
この記事を書いている人 - WRITER -
うば としこ
新宿神楽坂の女性税理士うばとしこです。
税理士としてはまだまだ若手です。
お笑い大好き、やんちゃでマイウェイをゆく息子と男勝りで世話好きな娘がいます。子煩悩な夫と4人家族です。
神楽坂、飯田橋、荻窪、久我山近辺によく出没します。

夢をかなえるキャッシュフローパートナーとして、中小事業者の事業の発展を応援しています。

・法人税務顧問がメインです。個人顧問契約は申し訳ありませんが現在受けておりません。

・設立3年目までの賢い経営者のための税理士サービス「ゆるふわ経理部」を主催。リアルとオンラインの両面サポートでこれまでになかった税理士との関わり方を提案しています。

・YouTube-Live「ゆるふわチャンネル」を配信。 経理や税務の小ネタから、経営戦略のお話をゆるーくお話しています!

・毎月「領収書整理会」を開催。 前月分のお金の動きから、戦略的な経営計画を立てていくお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!夢をかなえるキャッシュフローパートナー 税理士のうばとしこです。

設立3年目までの賢い選択を提案する税理士サービス「ゆるふわ経理部」を主催。リアルのサポートとオンラインのサーポートでこれまでになかった税理士との関わり方をオススメしています!
YouTube-Live「ゆるふわチャンネル」を配信。 経理や税務の小ネタから、経営戦略のお話をめちゃめちゃわかりやすくお話しています!
毎月「領収書整理会」を開催。 前月分のお金の動きから、戦略的な経営計画を立てていくお手伝いをしています。

 

企業実務11月号にて記事を掲載していただきました。

テーマは「消費税の表示方式について考える」です。

 

企業実務という媒体は、一般では販売されていない雑誌なので、アウトラインをご紹介しますね!

 

消費税の表示方法の原則は?

現在は消費税の表示方法が自由に選べるようになっていますよね?

ところが、これは一時的な特例で、消費税額(地方消費税額を含む)を含めた価格を表示する「総額表示」が原則であると定められています。

 

消費税が8%になったとき、すでに10%になることも合わせて決定されていたため、事業者の手間を軽減するために外税表示も認めていたのです。

 

これは対消費者への価格表示をするときのみで、事業者間での取引は総額表示の義務はありません。

 

令和3年4月1日からは総額表示に統一

この特例は、令和3年3月31日までが有効であることになっています。

ということは、令和3年4月1日からは、総額表示をしなければならないということ・・・!

 

そうです。もう、会計で消費税分を上乗せされて慌てることはなくなるわけです!笑

 

企業ごとの戦略

しまむらの戦略

例えば庶民の味方、しまむらさんは、これまで総額表示を貫いてきました。

つまり、消費税8%の時代には、「1,080円」と値札に記載されていました!

 

が!!!!

消費税10%になってからは、増税時からは外税方式で税抜表示も併用する方向で検討を進めているといいます。

 

つまり、「1,000円(消費税100円)」という表記が追記されるということです。

それほど外税表示がもたらす割安感というのが影響を及ぼすということですよね。

 

無印良品の戦略

一方、無印良品はどうでしょう?

※無印良品のサイトより

 

こんな表記を見た覚えがある方も多いと思います。

 

無印良品と言えば「シンプル」であることがなによりも大切なブランドイメージですよね。

だからこそ、消費税を外税表示にしたりとかごちゃごちゃしてしまう表記を避ける一種の戦略なのだと思います。

 

この2社の比較、とても面白かったので引用させて頂きました。(東洋経済オンラインの記事参考

 

まとめ

事業のターゲットとなる顧客層がどんな示すのか?

これが総額表示と外税表示を迷ったときの基準になることが多いようですね。

 

そうはいっても、令和3年4月からは総額表示に統一しなければならない。

ここのリミットを抑えた上で、いま外税表示にされている場合には、移行の時期を検討しなければなりませんね!

 

 

企業実務の記事では、これらの内容に加え、複数税率を取り扱う事業者がどのように消費税を表記していくのが良いのか、というテーマについても触れました。

 

これから外食をする際などに、プライスカードや看板などを注意してい見るようにすると、表記の違いで様々な発見があるかもしれませんね!

 

 

では、また!

 

ゆるふわ経理部で経理ニガテを解消!
ゆるふわ経理部についてはこちらをご覧ください。
 当事務所のサービスメニュー 
  • 個人事業主からの法人成りバックアップ
  • 法人の税務顧問
  • 確定申告サポート
  • スポット税務相談
  • クラウド会計のチェックサービス
  • 領収書整理会の毎月開催
  • 執筆
  • セミナー講師
 当事務所の特徴 
  • 税理士うばとしこが直接対応します!
  • 応接室を完備しており、機密事項も安心してお話いただけます!
  • 遠方の方、子育て中の方などにはオンラインZoomに対応しています!
  • 個人からの法人成りするケースの実績が多数あります!
  • 法人設立から税務手続きをまとめて代行いたします!
  • 経理のマニュアル作成で自計化を支援します!

 

★無料★簿記や会計の知識がなくても節税対策ができるメール講座をはじめました。

わかりやすい言葉で
簡潔に説明しています!

「はやく対策すれば良かった...」
とならないために
節税対策メール講座をはじめませんか?

効果的に節税対策を行うための
たったひとつのポイントについても
動画でお話ししています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
うば としこ
新宿神楽坂の女性税理士うばとしこです。
税理士としてはまだまだ若手です。
お笑い大好き、やんちゃでマイウェイをゆく息子と男勝りで世話好きな娘がいます。子煩悩な夫と4人家族です。
神楽坂、飯田橋、荻窪、久我山近辺によく出没します。

夢をかなえるキャッシュフローパートナーとして、中小事業者の事業の発展を応援しています。

・法人税務顧問がメインです。個人顧問契約は申し訳ありませんが現在受けておりません。

・設立3年目までの賢い経営者のための税理士サービス「ゆるふわ経理部」を主催。リアルとオンラインの両面サポートでこれまでになかった税理士との関わり方を提案しています。

・YouTube-Live「ゆるふわチャンネル」を配信。 経理や税務の小ネタから、経営戦略のお話をゆるーくお話しています!

・毎月「領収書整理会」を開催。 前月分のお金の動きから、戦略的な経営計画を立てていくお手伝いをしています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 税理士 うば としこのBlog , 2019 All Rights Reserved.